嬉しく笑っている女性

低用量ピルには、第1世代から第4世代まであり、さらに一相性、二相性そして三相性というタイプがあります。第1世代は比較的昔からある薬であり、三相性ピルとして有名なトリキュラーは第2世代となります。第4世代は超低用量ピルとも言われており、エストロゲンの量を極力減らしたもので、副作用もさらに出にくくなっているのが特徴です。

第4世代の代表であるヤーズは24錠を24日間、ホルモンが含まれた錠剤を服用し、4日間は休薬期間を設けますが、そのほかのピルは28錠と21錠タイプがあります。1シートの中に28錠、もしくは21錠含まれていますが、どちらもホルモンの成分が含まれているのは21錠分であり、28錠のうち7錠はプラセボ錠となります。21錠タイプはホルモンの錠剤を服用した後、7日間の休薬期間を設けなくてはならず自分で日数を考えないといけませんが、28錠のものは、休薬期間中もそのまま服用をしていけばよいため、飲み忘れるリスクを軽減できます。

低用量ピルの飲み方としては、生理初日にスタートをするのが一般的で、その日を1日目とし指定されたように服用をしていきます。サンデースタートピルという飲み方もあり、この場合、生理開始後の最初に来る日曜日から指定されたように服用をします。この方法であると、生理のような出血が日曜日に来ることはありません。ただし服用を忘れてしまうと、生理不順などの治療で使用している場合は良いのですが、避妊効果には影響を与えてしまいます。1錠忘れただけであればすぐに服用をし、その日も通常の予定通り服用することによって効果を維持できますが、2錠以上飲み忘れた場合は効果を得られない可能性が高くなります。2錠以上忘れた場合は、本来服用する日に追いつくまで1日2錠服用しますが、追いついたら本来の1日1錠にもどしてください。2錠以上飲み忘れた場合は他の避妊方法も併用することが大切です。

なお、28錠タイプの場合、22日から28日のプラセボ錠を飲み忘れることがありますが、この期間の薬は薬の成分は含まれていません。飲み忘れても飲んだものとして扱ってください。休薬期間は7日間ということを忘れないように、服用できなかった日のプラセボ錠は破棄するとわかりやすくなります。

低用量ピルの場合、飲み方に制限はなく、いつ服用しても良いようになっています。食前でも食後でも胃に影響は与えないので、飲み忘れがないように自分で忘れない時間を薬の服用時間にするとよいでしょう。毎日同じ時間帯に服用することで、薬の濃度は常に一定になり、より効果を維持することができます。

記事一覧
ホルモン補充薬とピルの違いは?含まれているエストロゲンが違う? 2020年07月06日

更年期と呼ばれる40代後半になると、体に不調を感じることがあったり、生理周期に乱れが生じたりすることがあります。これは加齢に伴って卵巣の機能が低下し、脳でエスト...

女性のつらい更年期障害の症状の治療にも低用量ピルがおすすめ 2020年05月27日

更年期は誰にでもあるものであり、平均閉経年齢である50歳を中心に前後5年の期間をさします。この時期は頭痛やイライラなど様々な症状が現れるため、この時期に起こる症...

トリキュラーの避妊だけではない効果|生理痛の軽減や更年期障害にも 2020年02月13日

トリキュラーは、低用量ピルの一つで三相性タイプです。日本の婦人科でもよく使用されている薬であり、1999年に承認されました。1シートには21錠分の成分が含まれて...

つらい生理痛が起こる原因は?痛みの軽減にもピルは有効です 2020年03月26日

生理痛は多くの女性が感じる痛みですが、痛みの程度は個人差があり一律ではありません。生理痛が起こる原因は子宮に関しては子宮の出口が狭い、痛みを生じさせるプロスタグ...

困ったときに頼れるアフターピルの気になる副作用や体への影響は? 2020年04月30日

アフターピルはノルレボ錠であれば妊娠阻止率が81%、プラノバールであれば57%と比較的高い確率で、避妊することができます。ですが、低用量ピルのように継続して服用...

アフターピルの効果は困ったときの緊急避妊!正しい服用方法は? 2020年04月13日

アフターピルは通常の低用量ピルとは異なり、緊急避妊用のピルになります。含まれている成分にも若干違いがあり、多くのアフターピルの場合、レボノルゲストレルと呼ばれる...

低用量ピルは通販で購入しても大丈夫?低価格で安全なピルを購入するには 2020年03月11日

低用量ピルを服用したい場合、婦人科を受診して血液検査などを行い処方されることが一般的です。副作用が少ない低用量ピルであっても、血栓症などのリスクはありますし服用...

月経困難症の軽減に有効なヤーズの効果|PMSやニキビの治療にも 2020年02月24日

ヤーズは大変新しい薬であり、月経困難症の治療のために開発されています。第4世代低用量ピル、もしくは超低用量ピルとも言われており、すでに販売されている低用量ピルと...