• ホーム
  • アフターピルの効果は困ったときの緊急避妊!正しい服用方法は?

アフターピルの効果は困ったときの緊急避妊!正しい服用方法は?

アフターピルは通常の低用量ピルとは異なり、緊急避妊用のピルになります。含まれている成分にも若干違いがあり、多くのアフターピルの場合、レボノルゲストレルと呼ばれる成分が含まれたノルレボ錠やプラノバールという中用量ピルを使用することが多いです。なお、どちらの方法を選択するかは医師との相談になりますが、婦人科によってはどちらかの一つの方法のみ取り入れている場合があるので、すべての方法を選択できるわけではありません。

アフターピルを用いた方法には、このノルレボ法とヤッペ法があります。ノルレボ法の場合、ノルレボ錠を性交後72時間以内に1回1錠服用するだけで大丈夫であり、約81%の妊娠を回避することができました。早く服用すればするほど成功率は高くなり、120時間以内であれば63%の人は妊娠を回避できる可能性があります。ノルレボ錠は服用すると2時間から3時間後に効果が現れ始め、黄体ホルモンを補充することにより、排卵を遅らせたり抑制したりすることができます。さらにすでに受精してしまっている場合は、子宮内膜に変化を生じさせ着床をさせないようにすることも可能です。ですが、ノルレボ錠を服用してから性交渉をしたとしても避妊効果を得ることはできません。さらに嘔吐をしてしまった場合、薬の服用から2時間以上たっている場合は、薬の成分は吸収されていますが、2時間以内であると吸収されていない可能性が大変高いので、再度受診をしもう一錠服用するようにします。

ヤッペ法はプラノバールと呼ばれる薬剤を服用しますが、プラノバールの場合、性交後72時間以内に2錠を服用し、その他と12時間後に同じ量をもう一度服用します。プラノバールの方が吐き気が生じやすいため吐き気止めも一緒に処方されることが多いです。ノルレボ法に比べると費用も安く済みますが、妊娠阻止率は57%程度であり、妊娠してしまう可能性もあります。これは12時間後に再び2錠服用しなくてはならないことも関係しており、12時間を超えてしまうと効果が現れにくいからです。プラノバールを服用する場合は、特に2回目の服用を忘れないようにしなくてはなりません。

どちらのタイプの方法であっても、アフターピルを服用する場合は性行為後72時間以内の服用が大切になります。とはいえ、早く服用すればするほど効果が高まります。ですが、100%避妊できるわけではありません。72時間を超えてしまっていても受精卵が子宮内膜に到達する期限である、120時間までであれば多少なりとも避妊効果はあるので、不安がある場合は服用をするようにします。

関連記事
ホルモン補充薬とピルの違いは?含まれているエストロゲンが違う? 2020年07月06日

更年期と呼ばれる40代後半になると、体に不調を感じることがあったり、生理周期に乱れが生じたりすることがあります。これは加齢に伴って卵巣の機能が低下し、脳でエストロゲンを分泌しなさいと命令をしていても卵巣ではうまく分泌できないため、脳が混乱し様々な症状を引き起こしていることが関係しており、さらに、年齢...

女性のつらい更年期障害の症状の治療にも低用量ピルがおすすめ 2020年05月27日

更年期は誰にでもあるものであり、平均閉経年齢である50歳を中心に前後5年の期間をさします。この時期は頭痛やイライラなど様々な症状が現れるため、この時期に起こる症状を総称して更年期障害と言います。更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少することが大きな原因となっていますが、ここにさらに...

トリキュラーの避妊だけではない効果|生理痛の軽減や更年期障害にも 2020年02月13日

トリキュラーは、低用量ピルの一つで三相性タイプです。日本の婦人科でもよく使用されている薬であり、1999年に承認されました。1シートには21錠分の成分が含まれていますが、色によって成分量が異なっており、21錠すべて飲みきった後は7日間の休薬期間を設けることになっています。三相性タイプの低用量ピルは、...

つらい生理痛が起こる原因は?痛みの軽減にもピルは有効です 2020年03月26日

生理痛は多くの女性が感じる痛みですが、痛みの程度は個人差があり一律ではありません。生理痛が起こる原因は子宮に関しては子宮の出口が狭い、痛みを生じさせるプロスタグランジンの分泌量が多いことがあげられ、そのほかの原因として冷えによって血行不良を起こしている、精神的や身体的にストレスを感じているということ...

困ったときに頼れるアフターピルの気になる副作用や体への影響は? 2020年04月30日

アフターピルはノルレボ錠であれば妊娠阻止率が81%、プラノバールであれば57%と比較的高い確率で、避妊することができます。ですが、低用量ピルのように継続して服用するものではなく、避妊に失敗したかもしれないという時だけに使用できる薬であるので、たとえ婦人科を受診したとしても緊急避妊用にしか処方してもら...