• ホーム
  • 女性のつらい更年期障害の症状の治療にも低用量ピルがおすすめ

女性のつらい更年期障害の症状の治療にも低用量ピルがおすすめ

更年期は誰にでもあるものであり、平均閉経年齢である50歳を中心に前後5年の期間をさします。この時期は頭痛やイライラなど様々な症状が現れるため、この時期に起こる症状を総称して更年期障害と言います。

更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少することが大きな原因となっていますが、ここにさらに家庭環境の変化、職場での責任感が増す、本来の自分の生活など様々なことが合わさって起こります。そのため症状にも個人差があり、ほとんど何も感じないで更年期が終わってしまった人もいれば、精神的に辛くなり症状が長引いてしまう人もいます。

更年期障害の主な症状は、全身のいたるところで起こることが多く、血管に関する症状では、ほてりやのぼせ、ホットフラッシュや発汗があります。このほかめまいや動悸、胸痛や頭痛、肩こりや腰痛、疲れやすい、冷えやしびれといった身体症状が現れます。皮膚の粘膜のうるおいもなくなってくるので、皮膚がカサカサとすることも多いです。そしてさらに精神症状として、イライラや意欲の低下、情緒不安定や不眠、気分の落ち込みといったことが起こります。

更年期障害においての治療は大きく4つあり、ホルモン補充療法やピル、漢方薬や向精神薬の使用があります。この中で良く行われているのはホルモン補充療法と漢方薬ですが、低用量ピルも治療として用いられます。ただし低用量ピルは40歳を過ぎてしまうと血栓症のリスクがあるので、注意して使用する必要がありますが、閉経前で、しかも閉経の兆候がない場合は低用量ピルを用いて卵巣を休ませており、この作用によって女性ホルモンを一定にし、症状を抑えることができます。40歳前半まで低用量ピルを用い、その後エストロゲン剤を使用するホルモン補充療法を行うなど年齢に合わせた治療を行っていくと良いでしょう。

低用量ピルを用いると生理周期が整い、貧血の改善や月経前症候群といった生理に関する不調を抑える効能がありますが、このほかに卵巣を休ませることによって卵巣機能の低下を緩やかにする、更年期症状の緩和、骨粗しょう症や子宮体がんの予防などの効果も得ることができます。コレステロール値を下げたり高血圧になりにくくしたりする作用もあるので、体を内側から整えることが可能です。

更年期障害においても低用量ピルは効果を発揮します。どのようなホルモン薬を使用していくは、その人の体調や年齢によって考慮されます。

関連記事
ホルモン補充薬とピルの違いは?含まれているエストロゲンが違う? 2020年07月06日

更年期と呼ばれる40代後半になると、体に不調を感じることがあったり、生理周期に乱れが生じたりすることがあります。これは加齢に伴って卵巣の機能が低下し、脳でエストロゲンを分泌しなさいと命令をしていても卵巣ではうまく分泌できないため、脳が混乱し様々な症状を引き起こしていることが関係しており、さらに、年齢...

トリキュラーの避妊だけではない効果|生理痛の軽減や更年期障害にも 2020年02月13日

トリキュラーは、低用量ピルの一つで三相性タイプです。日本の婦人科でもよく使用されている薬であり、1999年に承認されました。1シートには21錠分の成分が含まれていますが、色によって成分量が異なっており、21錠すべて飲みきった後は7日間の休薬期間を設けることになっています。三相性タイプの低用量ピルは、...

つらい生理痛が起こる原因は?痛みの軽減にもピルは有効です 2020年03月26日

生理痛は多くの女性が感じる痛みですが、痛みの程度は個人差があり一律ではありません。生理痛が起こる原因は子宮に関しては子宮の出口が狭い、痛みを生じさせるプロスタグランジンの分泌量が多いことがあげられ、そのほかの原因として冷えによって血行不良を起こしている、精神的や身体的にストレスを感じているということ...

困ったときに頼れるアフターピルの気になる副作用や体への影響は? 2020年04月30日

アフターピルはノルレボ錠であれば妊娠阻止率が81%、プラノバールであれば57%と比較的高い確率で、避妊することができます。ですが、低用量ピルのように継続して服用するものではなく、避妊に失敗したかもしれないという時だけに使用できる薬であるので、たとえ婦人科を受診したとしても緊急避妊用にしか処方してもら...

アフターピルの効果は困ったときの緊急避妊!正しい服用方法は? 2020年04月13日

アフターピルは通常の低用量ピルとは異なり、緊急避妊用のピルになります。含まれている成分にも若干違いがあり、多くのアフターピルの場合、レボノルゲストレルと呼ばれる成分が含まれたノルレボ錠やプラノバールという中用量ピルを使用することが多いです。なお、どちらの方法を選択するかは医師との相談になりますが、婦...