• ホーム
  • 月経困難症の軽減に有効なヤーズの効果|PMSやニキビの治療にも

月経困難症の軽減に有効なヤーズの効果|PMSやニキビの治療にも

心配している女性

ヤーズは大変新しい薬であり、月経困難症の治療のために開発されています。第4世代低用量ピル、もしくは超低用量ピルとも言われており、すでに販売されている低用量ピルと比較すると副作用が大変少ない特徴があります。月経困難症の治療薬ではありますが、避妊効果も通常の経口避妊薬と同じぐらいあります。

ヤーズの場合、含まれている卵胞ホルモンはエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルと従来の低用量ピルと同じですが、黄体ホルモンに人工のホルモンであるドロスピレノンが配合されています。低用量ピルにもさまざまな黄体ホルモンが含まれていますが、低用量ピルの黄体ホルモンは男性ホルモンと成分の構造が似ており、その結果体毛やニキビが増えるといった副作用があります。ですがこのドロスピレノンは成分構造は似ていないほか、ニキビや体毛の濃さの原因となる男性ホルモンの作用を抑制することができるので、ニキビの治療としても用いられます。

月経困難症に代表される生理痛は、プロスタグランジンという子宮収縮の物質によって起きています。原理は出産のときと同じであり、着床せず不要になった子宮内膜を体外に排出する際にその子宮内膜を押し出すためにこの物質が分泌されます。子宮内膜が大きいと生理痛が増すことが多いので、ドロスピレノンによって子宮内膜の成長と収縮を抑え生理痛を軽くすることができます。月経困難症の有効性に関しては、臨床試験においても実証されており、4周期にわたって月経困難症の人に対して行ったところ、服用する前と比べて症状が半分まで改善されたことがわかりました。

さらにヤーズには、月経前に起こる下腹部痛や腰痛、吐き気や頭痛やイライラといったPMSの改善にもなります。ヤーズは低用量ピルに比べて卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールの配合量は少ないものの、黄体ホルモンであるドロスピレノンと一緒に体内に吸収されると血中濃度が上昇し、視床下部に伝達され、性腺刺激ホルモンである卵胞刺激ホルモンの分泌が抑えてしまいます。卵胞刺激ホルモンの分泌が抑えられると卵胞は成長できなくなるので、排卵されなくなってしまいます。この作用と効果によって排卵痛や月経困難症が起こりにくくなります。

ヤーズは低用量ピルと異なり、24日間はホルモンが含まれた錠剤を服用し4日間は休薬期間であるので、プラセボ錠を服用するようになっています。服用の仕方が違うので注意が必要です。

関連記事
ホルモン補充薬とピルの違いは?含まれているエストロゲンが違う? 2020年07月06日

更年期と呼ばれる40代後半になると、体に不調を感じることがあったり、生理周期に乱れが生じたりすることがあります。これは加齢に伴って卵巣の機能が低下し、脳でエストロゲンを分泌しなさいと命令をしていても卵巣ではうまく分泌できないため、脳が混乱し様々な症状を引き起こしていることが関係しており、さらに、年齢...

女性のつらい更年期障害の症状の治療にも低用量ピルがおすすめ 2020年05月27日

更年期は誰にでもあるものであり、平均閉経年齢である50歳を中心に前後5年の期間をさします。この時期は頭痛やイライラなど様々な症状が現れるため、この時期に起こる症状を総称して更年期障害と言います。更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少することが大きな原因となっていますが、ここにさらに...

トリキュラーの避妊だけではない効果|生理痛の軽減や更年期障害にも 2020年02月13日

トリキュラーは、低用量ピルの一つで三相性タイプです。日本の婦人科でもよく使用されている薬であり、1999年に承認されました。1シートには21錠分の成分が含まれていますが、色によって成分量が異なっており、21錠すべて飲みきった後は7日間の休薬期間を設けることになっています。三相性タイプの低用量ピルは、...

つらい生理痛が起こる原因は?痛みの軽減にもピルは有効です 2020年03月26日

生理痛は多くの女性が感じる痛みですが、痛みの程度は個人差があり一律ではありません。生理痛が起こる原因は子宮に関しては子宮の出口が狭い、痛みを生じさせるプロスタグランジンの分泌量が多いことがあげられ、そのほかの原因として冷えによって血行不良を起こしている、精神的や身体的にストレスを感じているということ...

困ったときに頼れるアフターピルの気になる副作用や体への影響は? 2020年04月30日

アフターピルはノルレボ錠であれば妊娠阻止率が81%、プラノバールであれば57%と比較的高い確率で、避妊することができます。ですが、低用量ピルのように継続して服用するものではなく、避妊に失敗したかもしれないという時だけに使用できる薬であるので、たとえ婦人科を受診したとしても緊急避妊用にしか処方してもら...